東京都豊島区をウェブでおさんぽ
豊島区を知りつくすメディア

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」クラシックな景色が新鮮

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」クラシックな景色が新鮮

【駒込駅】和歌山市を模した江戸時代の庭園「六義園」で涼をとろう」で紹介した六義園から移動し、向かうは「旧古河庭園」!六義園よりは規模が小さいものの、なぜか六義園よりも断然多いお客さんが入っていました。
シニアな人たちにとっては、六義園をまわって「旧古河庭園」まで歩き、さらに「旧古河庭園」をまわるスケジュールは結構ハードだと思うので、だからか「旧古河庭園」でスピードダウンして大勢いるのかな。
六義園は江戸時代の庭園、こちら「旧古河庭園」は大正時代の庭園で、六義園とはぜんぜん違うオシャレな庭園をたのしむことができます。バラが好きなひとにとっては、さらにたのしめること間違いなし。季節によってはバラがほとんど咲いていないなんてことがあるみたいだけど、花暦をチェックしてみてください。
今回は、「旧古河庭園」をご紹介します。

撮影目的で訪れる方も多い「旧古河庭園」

大正時代に造られた日本とイギリスが合わさる庭園「旧古河庭園」

上中里駅と駒込駅の間。

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の入口

アクセスは京浜東北線上中里駅からの方が若干近いみたいだけど、今回は六義園から徒歩で向かったので駒込駅からの行き方を説明しておきます。
駒込駅北口を出て本郷通りを北に進みます。ずっとまっすぐ一本道なので、15分くらい歩いたら勝手にたどり着きます。本郷通りの左手にあるよ。

六義園に続き立派な門がお出迎え。門にも書いてあるけど、旧古河庭園は100周年ですって。歴史長いね〜。

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」のサービスセンター

門を入ってすぐ左にサービスセンターがあるので、ここで入園料を支払います。今回は六義園で"園結びチケット"を購入していたので、すでに入園料は支払い済み。チケットを見せて庭園に入りました。
サービスセンターのやさしいお母さんが「大正時代につくられたロマンを感じられる庭園よ」と言っていたよ。

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の案内看板 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の案内図
【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」のスタンプ

旧古河庭園でもスタンプを見つけたので押しておきました。
これで文化財庭園のスタンプ2こめゲットだぜ!

まずは圧巻の洋館

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の洋館前の庭

庭園に入ってすぐ、立派な洋館がドーン。この洋館は、イギリス人建築家のジョサイア・コンドル(1852〜1920年)の設計だそうで、彼は日本の建築界の発展に多大な貢献をしたひとなんだそう。建築のことは分からないけど、大正時代にすごいひとが作ったということだけは分かったね。

この洋館は石造りで、英国貴族の邸宅にならった古典様式なんだって。雨に濡れると落ち着いた色調をかもしだし、晴れの日と雨の日、違う表情がみられるのもおもしろいのだとか。

洋館の前にはバラ、その先には日本庭園

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」のバラ園1 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」のバラ園2
【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」のバラ園3 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」のバラ園4

バラの庭園もまさに洋風。春と秋に大輪の花を咲かせるんだって。(きっと今回は少し時期が悪かったってことだねー)洋館とセットで異国情緒満載。
カメラをかまえたひとたちがこぞってバラを撮っていたのも印象的。お花好き、カメラ好きにはたまらない被写体なんだろうね。たのしそうだったよ。

洋風庭園は不思議の国のアリスに出てくるあのバラの庭を思い出すよね。

みられるバラの花暦はこれだよ。

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の花暦
【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の和庭園1 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の和庭園2
【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の和庭園3 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の和庭園4
【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の和庭園5 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の和庭園6

洋風庭園をさらに降りると広がる日本庭園は、洋風庭園とガラリと雰囲気を変えてなんだか不思議。洋風と和風のコラボは、大昔にこれを作ろうとしたひとたちのことを考えると、ちょっと鳥肌もの。
この庭園を作ったのは京都の庭師である小川治兵衛氏(1860〜1933年)だって。青々とした緑が風に揺れて、美しかったよ。

たくさんの灯篭が目につく庭園

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の灯篭1

特に印象的だったのが灯篭の数々。
かつてはこの灯篭に火が灯っていたのかと思うとロマンチックだけど、もしかしたら当時も火は灯されていなかったかもしれないね。照明目的ではなく、あくまでも飾りだったのかもしれないね。
灯篭は使えないにしても、ライトアップなんてしたらきれいなんだろうな〜と思ってみていたよ。

と思ったら、オフィシャルサイトでライトアップしている写真を発見。いつ開催しているかは不明だけど、ライトアップしてるみたい。いいね。

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の灯篭2 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の灯篭3

裏千家茶道教室が開催されているみたい。

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の裏千家茶道教室1 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の裏千家茶道教室2

看板によると、毎月1回第2金曜日午後1時から茶道教室が開催されているみたい。
まさに今回うかがった日が茶道教室の日だったけど、どなたか人がいることは分かったけど、その他は特に何も。真っ最中だったのかな〜。

バラ尽くしの売店はバラの香りクンクン

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の売店1 【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の売店2

売店がありましたが、基本的には土日祝日のみの営業だそうで、今回うかがった金曜日に営業していたのはイベント開催中だったためのようです。
なので、平日行かれる際は営業していない場合もあると思うので、サービスセンターに要確認です。

販売されているもののほとんどはバラ!バラアイスやバラの羊かんが人気なんだって〜。マダムたちがバラのクリームを手にとってスリスリしていたよ。とってもいい香り。

日本庭園を見渡せる展望台

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」の展望台

売店の近くに、庭園を広く望める場所があります。
展望台と言っていますけど、庭園が下に広がっているので必然的に展望台ぽくなっているだけという感じで、すべてを見渡せるけど規模は小さめ。ちょっと休憩所としての機能の方が高そう。

だけどこの展望台、風が通る通る。気持ちがよくて、六義園の藤代峠の頂上バリに時間を忘れてボーッとしました。少し歩き疲れた体にちょうどいい場所って感じ。

気持ちいい風に吹かれて、じぶんの人生を考える

【上中里駅】バラが咲き誇る日英が混ざる庭園「旧古河庭園」で今日を振り返る

なんちゃって。
そこまで大げさなことは考えないけど、ひととおり庭園を散策して高台で時の流れに身をまかせること30分。
しだいに、気持ちいいね〜の声もなくなり、同行者とともに"無"になった。おおよそ16時くらい。汗をかいた体に心地いい風が吹いて、夕日の時間ではなかったものの、たそがれるのってこういうことなのかもと思わせるような、キャラではない時間を過ごしたよ。

日本庭園のむつかしいことは分からないけど、ただなんとなくゆっくり過ぎる時間をたのしみにくるのもアリぽいね。

六義園のことは、「【駒込駅】和歌山市を模した江戸時代の庭園「六義園」で涼をとろう」をチェックしてなー。

さらに、文京区の小石川公園のことは「【飯田橋駅】江戸時代の中国趣味豊かな景観で一句「小石川後楽園」」で!

shop info.

旧古河庭園

  • 03-3910-0394
  • 9:00-17:00 (入園16:30まで)年末年始休園、その他休園日あり定休:なし

記事の内容や情報は、情報を収集した時点のものであり、その後変更されている場合があります。
掲載日をご確認のうえ、ご覧になる日の詳細は各店舗、団体、施設、機関へご確認ください。

ranking

  • ホームページ新規制作
  • ホームページ修正・追加
  • ホームページスマホ対応
ホームページのいろいろを承ります。

ホームページ新規制作・既存ホームページ修正・既存ホームページのスマホ対応など
ホームページのことならなんでもお気軽にご相談ください。
低予算でも高品質なホームページをお約束。丸投げできるホームページ制作はここだけ。

相談してみる